「援デリ」の女性が相手でしたが後から問題になりますか?

出会い系に関するFAQ

援デリ業者を相手にしても問題になる可能性は低いですが、これは「問題ない」ということではありません。最悪の場合は自分も逮捕されることを覚悟してください。

「相手の女性(援デリ)を怒らせてしまったようですが、何かされる心配はないでしょうか?」という質問をよく受けますが、これに関しては「全く問題ない」と言えるでしょう。援デリは「怒ったり不機嫌になって早く帰ろうとする(次の客のところへ行く)」というのが基本動作です。相手は警察にも相談できないような違法行為を行っている犯罪者なので、後になって問題を起こしてくることはありません

ただ、そもそも全面的に相手が悪いのは間違いありませんが、それでも"客側"が逮捕されるリスクがあるのも事実です。実際に相手が「未成年」だった場合、その相手をした客側も児童買春・ポルノ禁止法違反で逮捕されています。

小学生風少女「JS」8万円で売春斡旋 援デリ経営の40歳男逮捕 大阪府警 - 産経新聞

「そのときに見つからなければOK」というわけではないので注意が必要です。この手の事件は児童が保護されたあと、その電話記録・通信記録などから芋づる式に客を含む関係者が逮捕されていきます。実際、数年前の話で逮捕されていたりもするので、まさに「忘れたころ」に逮捕される可能性もあるということです。

何の罪に問われるかにもよりますが、公訴時効も長いと10年(強制性交罪)にもなるため、それまで逮捕のリスクに怯えながら生活するのは辛いでしょう。

援デリとして売春婦を派遣している業者は、派遣する女性が未成年か否かに限らず逮捕されるリスクがあります。援デリは売春防止法の周旋に該当する違法行為です。

売春組織リーダーら逮捕 6億円売り上げ、名古屋 - 産経新聞

違法行為を行っている「援デリ」の相手をすることは、自分も逮捕されるリスクがあるということを認識して細心の注意を払いましょう。絶対に相手にしてはいけません。

援デリ業者は違法な管理売春組織
援デリ業者とは?出会い系サイトに巣くう違法な存在の見分け方

一昔前までは、出会い系サイトと言えば「サクラ」の存在が男性の出会いを邪魔する存在でした。 しかし、「サクラ」は2003年の出会い系サイト規制法を皮切りに激減し、今では少数の弱小サイトが最初から詐欺目的 ...

続きを見る

最初から客引きのために作られたサイトは別として、「援デリがいる = 人気のあるサイト(アプリ)」とも言えるので、本当に出会い系サイト利用者にとっては悩ましい存在だと言えるでしょう。

間違った出会い系では会えません

当たり前ですが、一般女性の登録が少ない出会い系を使っていては出会えません。まだまだサクラを使った詐欺目的の出会い系も多いのが実情です。

過去に出会い系サイト運営をしていた経験から、出会えるサイト選びのポイントは「新規会員登録の多さ」と断言できます。常に勢いがあるサイトを利用するようにしましょう。

ハッピーメール(18禁)

「まずはハッピーメールから」と言えるほど、初心者には特にオススメな業界最大手の老舗です。私もメインで使っています。

何よりもサイトへの新規会員登録が圧倒的に多いので、出会い系に慣れていない新規の女性にアプローチすることをオススメします。

プロフィールにある「興味あること」で相手の出会いの目的を察しましょう。

イククル(18禁)

イククルは少し出会い系に慣れた人にオススメです。

ポイント単価が安いこともあって男性同士の競争が激しいため、ハッピーメールやPCMAX(ピーシーマックス)で慣れてから参戦してみてください。

PCMAX ピーシーマックス(18禁)

PCMAX(ピーシーマックス)はハッピーメールと並ぶ歴史あるオススメの定番サイトです。

会員数も1700万人でアクティブユーザーが多いのが特徴で、かなり幅広い目的での出会いを期待できます。

-よくある質問
-

© 2022 出会い系サイトの教科書