出会い系サイトでは敬語とタメ口のどちらを使うべき?

マッチングアプリでは敬語を基本にしましょう

出会い系アプリや出会い系サイトで好みの女性を見つけたとき、送るメッセージは丁寧語敬語タメ語(タメ口)のどれが良いと思いますか?

結論としては「丁寧語を使っておけば間違いはない」です。

誰しもに当てはまる「正解」はないものの、丁寧なアプローチをしておけば「ハズレ」になる可能性は低いです。

というのも、女性は気持ち悪いメッセージを大量に受け取っていたり、普通のやり取りすらできない男性も多いので、実は「普通である」だけでも選考レースのスタート地点に立つことができます。ただし、これは「丁寧なアプローチをするだけで選んでもらえるわけではない」ことに注意してください。

他にも初心者にありがちな「NGな言動」は色々とあるので注意が必要です。

出会い系サイトで出会えない男性の特徴
なぜ出会えないの?出会い系アプリ初心者がやりがちな言動とは

App Store や Google Play で出会い系アプリの評価を見ていると、「全然会えない」や「サクラが多い」などの書き込みを目にします。 ただ、これは知識不足を棚に上げて「会えない理由をサイ ...

続きを見る

やってはいけない言動は論外ですが、丁寧語でやり取りを進めるのにも何点かポイントがあります。痛々しいメッセージを送らないためにも、私がオススメする文章の書き方をご紹介しておきます。

最初に会うまでは丁寧語を使いましょう

初対面までは敬語を使いましょう

まず最初に、まだ会っていない相手に対して重要なのは、嫌悪感や違和感などのマイナスの印象を与えないことです。プラスとなる好感を持ってもらうテクニックよりも、まずはやり取りの前にブロックや無視されないようにすることが最重要だと思いましょう。

多くの場合、相手は年下の女性になると思いますが、自分は年齢が上なだけで優位な立場にはないことを自覚してください。選んでもらう側の弱い立場です。

呼び方を確認して「さん」付けの敬称がオススメ

基本的に最初のメッセージから相手のことは「〇〇さん」と呼ぶようにしましょう。忘れてはいけないのは、お互いに「相手は初対面ですらない知らない人」です。

もう一歩近づきたい場合、「なんて呼べばいいですか?」と確認すれば、少しくだけた名前が返ってくるかも知れません(それでも名前が返ってきた場合は「〇〇さん」で進めましょう)。一気に距離を縮めようとして、額面どおり呼び捨てにしたりするのはオススメできません。

親近感をもってもらうのも重要ですが、当面のゴールは「会うこと」です。誠実な印象こそが出会うための近道です。

絵文字やスタンプを連発する「おじさんLINE」はNG

これはメッセージアプリや若者文化を勘違いしている中年男性は要注意なケースです。無理して絵文字連発・顔文字をつけるのは止めましょう。

おじさんLINEのサンプル文章

これは手紙文化から進化していない「おじさんLINE」と呼ばれ、若者から笑われてネタにされているメッセージです。

スタンプも端的に伝えたいことを伝える以外には使わなくて良いでしょう。有料スタンプでも何でも、印象がプラスになることはありません。

多くの女性とやり取りをしていたら分かると思いますが、女性も絵文字・顔文字ともに文末に1つある程度でしょう。

くだけた感じは長音や感嘆符(!?)程度にしましょう

とは言え、女性とのやり取りをビジネスライクにするのも良くないので、少しずつ距離を縮めていく必要があります。

そこで、丁寧語の中にもタメ口を少し混ぜてみるなど、少しずつフランクな感じを取り入れるようにしましょう。ただし、どれだけ慣れても「おじさんLINE」には気を付けてください。

せいぜい「ですか??」「いいですね!」「~ですが…。」「そうですねー」くらいに抑えて、女性が違和感を覚えるような過剰な装飾は控えることをオススメします。

最終的には自分流のやり方で良いと思いますが、私は顔文字や(笑)のようなものを使ったことはありません。これで多くの女性と出会うところまで至っています。

無理したコミュニケーションより自然体が大切です

自然体でいることが出会う近道

あまりテクニックに偏るのも良くないので、あくまで相手の人となりや会話の流れを見て色々と使い分けるのが基本です。とは言え、相手によって自分を使い分けるのも疲れるだけなので、結局は「自然な自分」でいることが一番でしょう(もちろん、自然だとしても「おじさんLINE」のようなメッセージは論外です)。

やり取りは早めにテンプレート化しましょう

出会いの確率を高めようとする場合、男性陣には辛いところですが数多くの女性にアプローチする以外に方法はありません。

好みのプロフィールの女性を見つけたとしても、既に他の男性とやり取りをしている場合はハードルが上がります。別の人と直接のやり取りに移行した後だと、そもそもメッセージを見られるのかも怪しくなってしまいますね。どれだけ一球入魂のメッセージを作り上げても、そもそも見てもらえない可能性があるということです。

そうなると1人1人に時間をかけても無駄かつ疲れてしまいますし、何もレスポンスがないと嫌になってしまうでしょう。お金(ポイント)も気にしだすと、絶対にやってはいけない「ケチ」な言動が出て、さらに女性は遠のいてしまいます。

ということで、最初のメッセージは早めにテンプレート化してしまうことをオススメします。冒頭の名前を差し替えて送ればいいテンプレートにして、力の入れ具合によって1-2文を追加するイメージです。

最初のメッセージはテンプレート化

上の画像で私のメッセージで終わっているものは、「既読スルー」または「未読」のまま散っていったメッセージです。よく見るとテンプレートを修正し忘れていて、午前10時なのに「こんばんは」というメッセージを送ってしまっているのが分かります。これは良くないですね。

一番上のやり取りだけ、KakaoTalkでの直接のやり取りに持ち込めています。この画面だけでも1/5で20%の成功率ということです。

肌感覚としても女性から20%の返信率というのは違和感ないので、とにかくメッセージを送って送って送りまくれるようにしましょう。そのためにも「メッセージのテンプレート化」は必須です。

自分流のやり取りのコツは実戦あるのみ

最初のメールは「いかに相手に好印象をもってもらうか」の勝負で、自慢や自信満々になり過ぎない自己紹介を頑張って考えましょう。

少し面倒化も知れませんが、このブラッシュアップは実践あるのみです。反応の良かった内容を残し、他を少し修正してみる繰り返しです。自慢できる内容も「自虐風自慢」にしてみるなど、色々と試してみてください。

ただ、送る相手探しで妥協するのは良くありません。うまくいった場合に「本当に会ってみたい」と思える相手に対して、常に本気で送りましょう。

出会い系サイトのプロフィール検索で妥協しない
出会い系でプロフィール検索の条件を細かく指定するべき理由

本当に自分の好みの女性と出会いたいのであれば、出会い系アプリ(や出会い系サイト)のプロフィール検索で妥協するのは止めましょう。これは検索結果のヒット数が少なくても、です。 出会いは巡り合わせ(タイミン ...

続きを見る

そのためにも最初のサイト選びは間違えないようにしてください。「新規会員数の多さ」は会えるチャンスのある女性の多さと同義です。魚のいないところで釣りをするようなことがないように、とにかく会員が多い難易度の低い出会い系サイトから始めることをオススメします。

間違った出会い系では会えません

当たり前ですが、一般女性の登録が少ない出会い系を使っていては出会えません。まだまだサクラを使った詐欺目的の出会い系も多いのが実情です。

過去に出会い系サイト運営をしていた経験から、出会えるサイト選びのポイントは「新規会員登録の多さ」と断言できます。常に勢いがあるサイトを利用するようにしましょう。

ハッピーメール(18禁)

「まずはハッピーメールから」と言えるほど、初心者には特にオススメな業界最大手の老舗です。私もメインで使っています。

何よりもサイトへの新規会員登録が圧倒的に多いので、出会い系に慣れていない新規の女性にアプローチすることをオススメします。

プロフィールにある「興味あること」で相手の出会いの目的を察しましょう。

ワクワクメール(18禁)

ハッピーメールと同じ業歴18年の大手で、趣味や悩みなどのコミュニティから出会いを探すのが基本的な使い方です。遊び仲間~恋愛・婚活まで幅広い用途で使えます。

こちらも毎日1,600人の新規会員登録があるので、毎日サイトの動きをチェックしながら「この人は」という人を見つけたときにアプローチしてください。

イククル(18禁)

イククルは少し出会い系に慣れた人にオススメです。

ポイント単価が安いこともあって男性同士の競争が激しいため、ハッピーメールなどで慣れてから参戦してみてください。

毎日2,000人の新規会員登録があるため出会いのチャンスは多いと思いますが、自分なりの「出会い方のコツ」をつかんでからの利用が良いでしょう。

-出会うためのテクニック
-,

© 2020 出会い系サイトの教科書