既婚男性が出会い系サイトで女性と会うために必要なこと

出会い系サイトにおける既婚男性の立場

世間では「草食系男子の増加」なんてことがささやかれていますが、男に生まれたからにはいくつになっても女性を追い求めていたいですよね。

ただ、男性も30代を過ぎて40代・50代ともなると、関係を持てるような若い女性と知り合う機会も少なくなってきてしまいます。ご多分に漏れず、私も30代を過ぎた頃から急に女性が遠く感じ始めたものでした。

そんな女性日照りの解決策として出会い系アプリや出会い系サイトの利用を考えたとしたら、これは間違いなく正しい選択だと言えます。性産業のプロ(風俗嬢など)が嫌いな私にとっては、第2の人生の始まりだったと言っても過言ではありません。

ハッピーメール(ハピメ)のTOPページ
新潟県知事も使っていたハッピーメール以外に出会えるサイトとは

2018年4月、新潟県知事が出会い系サイトで知り合った女子大生と金銭を支払って関係を持っていたということで、そのまま知事が辞職するというニュースがありました。 本当のところは当事者しか分かりませんが、 ...

続きを見る

ただ、私のような中年の既婚者にとって出会い系の利用には少し注意しておきたい点があるので、その内容を余すことなくお伝えしておきたいと思います。

私はガラケー全盛期の出会い系サイト運営者です。ぜひ、使うアプリやメッセージのテクニックなど、他の記事も参考にしてください。

出会い系アプリで既婚男性は敬遠されます

女性にとって既婚男性は地雷

まず最初に、出会い系アプリや出会い系サイトにおいて、既婚者は圧倒的に敬遠される存在であることを理解してください。

基本的には既婚男性なので恋人探しの恋活や婚活ではない前提ですが、単純に体目的の関係だとしても若い女性は既婚者を避けようとします。プロフィールの「既婚」「独身」の違いだけで、メッセージの返信率が圧倒的に変わってきます。金銭などの条件を話す以前の問題で、既婚というステータスだけでスタートラインにすら立てないということですね。

「結婚」のステータスがないアプリの場合、女性は「同居人」の情報で既婚者か否かを判断しています。

男性の結婚・同居人に関するプロフィール

私が出会ってきたのは18歳~20代の若い女性ばかりですが、話をすると明確に既婚者を避けているケースが多いです。特に、継続的な関係を希望している子は絶対に避けようします。

もし奥さんにバレたとき、不貞行為の相手として悪者にされるのは明らかです。そのリスクや面倒を考えると、彼女たちの感覚は当然でしょう。男性が人妻を寝取るのとは根本的に考え方が違います。

ということで、次は「既婚者は嫌われる」という前提をもとに、既婚者がいかに女性との出会いを実現させるかを説明していきます。

独身のふりをするか粘り強く探すか

根気よく女性を探し続けましょう

既にお分かりのとおり、既婚男性が取りうる選択肢は以下の2つです。

  1. 独身のふりをする(プロフィール登録)
  2. 既婚男性OKな女性を探す

当たり前すぎる話ではありますが、これが男性側からできる対応の全てです。

独身のふりをする(プロフィール登録)

これまでの経験上、女性にとって独身・既婚ということはプロフィールページの内容以上の意味を持ちません。

要するに、プロフィールで既婚となっていたら無視する対象となり、「独身」「一人暮らし」となっていたら「問題はない」と思われるだけです(独身がプラスに作用することもありません)。

同居人のステータスで結婚しているかを判断

少し不思議ですが、私は実際に会ってから未婚・既婚かを確認されたことがありません。むしろ、独身前提で「なぜ彼女を作らないのですか?」と聞かれることが多いです。その点、会ってきた女性は意外にピュアなのかも知れませんね。

そのため、単純にプロフィールを偽って「独身」にするのは一つの方法です。嘘をつかずにステータスを空欄(未入力)にもできますが、女性に余計な疑念を抱かせかねないのでオススメできません。

既婚男性OKな女性を探す

ステータスを既婚にしていると返信率が下がるのは間違いありませんが、中には相手が既婚であることをを気にしない女性もいます。

登録プロフィールやプロフィール検索で、相手に求める条件として結婚のステータス既婚を設定・確認できたりもしますね。特に、継続的な関係は求めていない女性に多い傾向です。

そういう女性の中には男性のプロフィールすら見ない人もいるので、結婚しているか否かは何も問題になりません。ただ、女性の年齢に関係なくセミプロのような「慣れ」があり、私は好きなタイプではないことが多かった印象があります。ビジネスライクと言えば聞こえはいいですが、出会い系の醍醐味を「素人女性との出会い」だと思う人にはマイナスに感じるかも知れません。

独身女性が相手の交際はリスクを抱えます

女性への結婚詐欺になるリスク

最後に、女性が既婚男性を避けることは既に書いたとおりですが、男性側も相応のリスクがあることを知っておきましょう。

既婚者が独身を装って交際していた場合、肉体関係があると「貞操権の侵害」として訴えられる可能性があります。ただし、圧倒的に不利なことは間違いありませんが、その勝ち負けによる慰謝料よりも「訴えられる」という事実が最大のリスクです。相手が悪いと家庭・職場に何をされるかも分かりません。

独身と偽った交際の慰謝料 - 新宿キーウェスト法律事務所

アプリ選びさえ間違えなければ、既婚者にとって出会い系アプリは若い女性と手軽に遊べる便利なツールです。のめり込み過ぎないように、リスクもコントロールしながら安全に遊ぶようにしてください。

間違った出会い系では会えません

当たり前ですが、一般女性の登録が少ない出会い系を使っていては出会えません。まだまだサクラを使った詐欺目的の出会い系も多いのが実情です。

過去に出会い系サイト運営をしていた経験から、出会えるサイト選びのポイントは「新規会員登録の多さ」と断言できます。常に勢いがあるサイトを利用するようにしましょう。

ハッピーメール(18禁)

「まずはハッピーメールから」と言えるほど、初心者には特にオススメな業界最大手の老舗です。私もメインで使っています。

何よりもサイトへの新規会員登録が圧倒的に多いので、出会い系に慣れていない新規の女性にアプローチすることをオススメします。

プロフィールにある「興味あること」で相手の出会いの目的を察しましょう。

ワクワクメール(18禁)

ハッピーメールと同じ業歴18年の大手で、趣味や悩みなどのコミュニティから出会いを探すのが基本的な使い方です。遊び仲間~恋愛・婚活まで幅広い用途で使えます。

こちらも毎日1,600人の新規会員登録があるので、毎日サイトの動きをチェックしながら「この人は」という人を見つけたときにアプローチしてください。

イククル(18禁)

イククルは少し出会い系に慣れた人にオススメです。

ポイント単価が安いこともあって男性同士の競争が激しいため、ハッピーメールなどで慣れてから参戦してみてください。

毎日2,000人の新規会員登録があるため出会いのチャンスは多いと思いますが、自分なりの「出会い方のコツ」をつかんでからの利用が良いでしょう。

-出会うためのテクニック
-,

© 2020 出会い系サイトの教科書